MENU

仏滅は引越ししない方が良い?実は仏滅の方が縁起がいいという話も?

引っ越しの計画を立てる時、中には仏滅や大安などといったものにも気をつけたほうが良いのでは?と思っている人も少なくありません。

日本の場合、引っ越しだけに限らずに仏滅は避ける風習がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

六曜と引っ越しについてや引っ越し日を仏滅に選んだ場合、何をしておいたほうが良いのかについて解説をしていきます。

目次

六曜って何?

昔中国より伝来したものの一つとされているもので暦注といわれるものがあります。その暦注に分類されているものの一つが六曜と言われるものです。

暦本に書かれている注意事項を暦注といい、日にち以外にも時間や方位などで縁起がいいのか悪いのかなどを意味しています。

鎌倉時代の頃に六曜が中国から伝来されたとされているのですが、使われていたのは一部の人のみでした。庶民にも浸透するようになったのは、江戸時代末期だったとされています。

しかし、江戸時代から明治時代になると、明治政府が暦注の禁止をします。その後、太平洋戦争終戦後に再び暦注が日本でも使われるようになり、結婚や葬式などのような冠婚葬祭や引っ越し日などで用いられています。

この六曜というのは、時代に応じて呼び方などが違っているのですが、現代では次のような意味で使われています。

先勝

先勝とは「素早く行動すれば勝てる」という意味合いを持っており、急ぐことが良いと考えられています。
時間でいえば、午前中の行動は良いとされていて、逆に14時から18時までに行動をすると良くないと意味合いとなります。

友引

友引は昔は引き分けのことを指していたのですが、現在においては友引は結婚などのような慶事をするのはいいことだとされています。

反対に葬儀などのような弔事は友引に行うと友人も連れて行かれると考えられています。ですので、葬儀場や火葬場の中には友引は営業していないことも少なくないのです。

先負

先負は先勝とは逆の意味を持っており、慎重に大人しくしていたほうが良いと考えられています。この先負の日は、あまり大事な仕事や勝負、急ぎの用事はしないようにしたほうが良いでしょう。

また、午前中に行動をすることは良くなくて、午後からの行動の方がいいですね。

仏滅

六曜の中で一番良くないことが起きやすく、何かをしても全て良い結果にならないと考えられています。
中でも祝い事をするのにふさわしくない日だと考えられ、反対に葬儀などをするのは問題なしとなっています。

大安

仏滅とは逆の意味を持っていて、何をするにしても良いことが起きると考えられているのが大安です。

中でも結婚をするにはふさわしいと考えられています。

赤口

「赤」は陰陽道において、血や火をイメージさせるような刃物を使うときには気をつける日と考えられています。
またお祝い関係をするのは良くないともされています。
正午は鬼が休憩をしているため、この時間に行動をすることが良しとなっています。

引っ越しに適した六曜は?

引っ越し日に一番いいとされているのは大安です。引っ越しは新しい生活の始まりであり、慶事とも言えます。

ですので、全てにおいて吉と考えれられている大安が一番いい六曜だと考えられているのです。

ただ、このように大安を引っ越し日にしたいという人はとても多く、土曜日や日曜日はかなり前から引っ越し日として予約が詰まっていて、予約をとることが難しい状況になることも少なくありません。

大安に合わせて引っ越しをしたいと考えているのであれば、数ヶ月前には予約をするべきです。

引っ越し日を大安にすることができなかったら?

大安に予約を入れれなかった、もしくはご自身の都合で大安を選ぶことができない人もいます。大安以外で六曜の日時を活用して、引っ越し日を選ぶ選択肢も考えてみるといいでしょう。

大安以外であれば、先勝もしくは友引を選ぶといいでしょう。

友引というと、あまり良くないと考えている人も多いですが、引き分けという意味合いも持っています。つまり、平穏な一日と考えることもできるでしょう。

また、友引は正午は悪く、朝や夜は吉、そして夕方が最も良いとされています。

ですので、朝から引っ越し作業を行い、正午までに間に合わなければ、昼の作業は行わずに夕方頃から再び引っ越し作業をしましょう。

先勝の場合は、午前中に行動をするのがよく、14時~18時までの行動は良くないと考えられています。ですので、午前中に引っ越し作業を終わらせるようにしてください。

しかし、引越し業者というのは朝のほうが慌ただしいため、午後から引っ越しになってしまう可能性があります。
ですので、朝から引っ越しをしたいのであれば、少しでも早く予約を入れましょう。

六曜で引越し費用は変わるの?

大安というのは引っ越し依頼をする人がとても多いですので、他の人比べると費用が割高になりやすく、逆に仏滅は縁起が悪いということで、引っ越し日として選ばない人が多く、費用が安いという話を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?

引越し費用というのは、引越し業者が忙しいか暇なのかによって料金が変動しやすいですので、六曜の日によっても必要になる引越し費用が変動すると思っていいでしょう。

仏滅は引越し費用が安くなるって本当?

引越し業者によっては、大安の日に引っ越しをする場合、他の六曜よりも高い料金になってしまうケースも少なからずあります。

引越し費用というのは、スタッフの人件費や運搬する荷物によっても変わってきます。

引っ越しを依頼する人が多いということは、それだけトラックや引越しスタッフも余裕がなくなってしまうため、高い料金になってしまうことがあるのです。

しかし、仏滅を避けるために引っ越し日を変えるという人はあまりいませんので、仏滅だからといって他の六葉と比べてかなり安くなるということもありません。

特に最近は六曜による縁起を担いでいない人も多くなってきています。そのため、以前と比べて大安・仏滅でそこまで料金が変わってくるということもなくなりつつあります。

そして、大安や仏滅、友引など以外の残りの六曜もそこまで料金が変わるということもないのです。

少しでも引越し料金を安くするための方法は?

仏滅を選んでもそこまで料金を安くすることは難しいということは上記で説明したとおりです。
少しでも引越し料金を安くするためにはいかがすれば良いのでしょうか?

1つ目の方法として、一括見積もりサービスで複数の業者に見積もりをしてもらうことで、引越し費用を抑えることができます。

一つの引越し業者のみに見積もりをしてもらった場合、それが適正費用なのか判断することが難しくなってしまいます。いくつかの業者に見積もりをしてもらうことで、他の業者と比較をして、費用を抑えやすくすることができるのです。

また、引越し料金が安くなりやすい時間帯または時期を狙って引っ越しをするということも検討しましょう。

引っ越しというのは3月から4月上旬にかけて引っ越しシーズンとなり、料金が高くなりやすいです。

これ以外にも、月末を除く平日というのは、引越し業者への依頼も少なくなるため、忙しい時期と比べて安い費用になりやすくなります。

さらに、引越し業者にはフリー便を用意している場合が多いのですが、フリー便は引っ越し作業の時間を決めないプランとなりますので、午前中と比べると料金も安くなる傾向があります。

朝というのは、引越し費用が割高になりやすいですので、午後以降の作業にしたほうが安くなりやすくなります。

家族で引っ越しをするのではないのであれば、単身パックなどのような一人暮らし向けのプランを選ぶことで、さらに安い費用にすることが可能です。

引っ越しと仏滅について

今でも日本において六曜で冠婚葬祭の日程を決める人は少なくありませんが、引っ越しに置いてはそこまで意識をする必要はないでしょう。これは六曜による縁起よりもスケジュールを重視する人が多いためです。

しかし、六曜を気にしない人は多くなりつつありますが、それでもカレンダーなどに六曜が記載されていることが殆どで、高齢になるほど六曜を気にしている人は多い傾向があります。

中でも仏滅はすべてのことが悪い結果になると考えられていますので、可能であれば、仏滅を避けて、他の縁起が少しでも良い六曜を選びたいと考える人も一定数います。

ですので、次は引っ越しと仏滅についてお話をしていきます。

仏滅は引っ越しに適している?

鎌倉時代の頃は仏滅のことを空亡と呼んでいました。

幕末に差し掛かることに虚亡と呼んでいたのですが、字のごとく全部虚しくなる日と考えら、その後物滅へと呼び名が変わっていきます。そして、物ではなく仏と書いて物滅という言葉が用いられるようになりました。

物滅というのは、古いものは滅び、新しい物が始まるという意味合いも持っていました。

ですので、仏滅というのは、引っ越しという新しい生活にふさわしい日と考えることもできるわけです。

そこまで仏滅を意識して引っ越し日を決めている人は多くない

現在のところ、仏滅や大安などといった六曜を意識している人というのは、多くても2割ほどだとされています。

中には仏滅には引っ越しをしないようにしたいと考えている人もいますが、どうしてもスケジュール的に仏滅を避けることができないなどといった事情で、仏滅に引っ越しを依頼する人も多いです。

冠婚葬祭よりも引っ越しのほうがスケジュールを合わせにくいですので、時間的に余裕があるのであれば六曜を意識するくらいでいいでしょう。

仏滅のときに引っ越し挨拶や契約を結んでも大丈夫なの?

大半の人は六曜を意識しながら契約を結んだり引っ越し挨拶をするべきか考えていません。

仏滅だからといって挨拶に行っても運気が下がってしまうということもないですし、仏滅に契約を結んでも安くなったりするということもないのです。

縁起を担ぎたいという人や、日程的に引っ越しに余裕があるのであれば、仏滅を回避する程度でも問題ありません。

仏滅だからといって引っ越しの挨拶を避けるということはしないようにしましょう。

引っ越し作業中に騒音などで周りに迷惑がかかりトラブルにならないようにするためにも、作業前に挨拶とうるさくなるかもしれないお詫びをしておくことをおすすめします。

しかし、六曜を気にするかどうかというのは世代によって割合が違っています。

高齢者の中には、六曜にこだわっているという人もいますので、このような場合は仏滅には引っ越しの挨拶をしないという選択肢も検討するといいでしょう。

仏滅の引っ越しが気になるのであれば縁起を良くしよう

仏滅を回避して引っ越しをしたかったものの、どうしても仏滅に引っ越しをせざるを得ないということも十分起こりえます。

仏滅に引っ越しをすることになったとしても、少しでも縁起をよくすることはできます。どうすれば縁起をよくして引っ越しをすることができるのかをお話します。

引っ越し前に観葉植物を家の中に設置しておく

引っ越し日よりも前に引越し先の家の中に入ることが可能なのであれば、引越し当日よりも前で縁起が良い日に鉢に植えている観葉植物を室内に入れておきましょう。

このようにすることで、観葉植物を設置した日を引っ越し日にすることができます。ですので、引っ越し作業日が仏滅ということにはならなくなるのです。

観葉植物でもいろいろな種類があるのですが、一年を通して枯れない万年青という植物は、縁起が良いとされていますのでおすすめです。

この万年青を大安などといった縁起が良い日に持ち込むようにしてみてください。

ちなみに、このような考え方は江戸時代から始まっており、その始まりは江戸幕府を開いた徳川家康が江戸に国替えになったときにしたことが始まりだとされています。

仏滅を避けて荷物だけ縁起が良い六曜の日に持ち込む

観葉植物を置かないにしても、転居をする前に、荷物だけを持ち込んでおくことで、仏滅を引っ越し日にしないようにすることができます。

植物以外にも自分の大事なものや生活用品などを引っ越し日前に運んでおけば、その日に引っ越しをした日とすることができます。ですので、実際に住み始める日が仏滅だとしても問題ありません。

引っ越し前に引越し先で時間を過ごしてみる

荷物を先に持っていっておくだけではなく、引っ越し前に転居先でご飯を食べたり寝て時間を過ごすことによって、引っ越しをしたということにすることができます。

転居先にあらかじめ行くことができるのであれば、このようにして仏滅を避けることも可能なので検討してみてください。

引越し先に盛り塩をしておく

転居先に予め荷物を持っていっておくことができないのであれば、引越し後に窓や玄関といった出入り口に盛り塩をする手段も考えてみてもいいでしょう。

盛り塩をすることによって、悪いものを家の中に入れない、家の中の木を浄化させることができると考えられています。
この盛り塩をするのであれば、丸い平皿に塩水または三角形に盛り塩をしてください。

原則として、英の中央から東西南北、そして南南西と北北東の方角にも盛り塩をしましょう。

特に玄関に盛り塩をすることで気の流れを改善させることができるとされていますので、盛り塩をするのであれば絶対に玄関にだけは設置してください。

これ以外にも、キッチンやお風呂、トイレなどのような水を使う場所というのは、気の流れがよどみやすくなると考えられています。ですので、可能であれば水回りにも盛り塩をしましょう。

神社に行く

仏滅に引っ越しをしなくてはならなくなり、縁起が悪い気がして仕方ないと感じるのであれば、転居先の氏神神社にお参りをしましょう。

一族の先祖を祀っているのが氏神神社の始まりだったのですが、現在では神格化して、地域を守ってくれる神社となっています。そして、その地域の住民は氏子と呼ばれています。

引越し後に氏神神社にお参りをすることで、氏子を氏神が守ってくれる、ということです。ですので、仏滅に引っ越しせざるをえないのであれば、氏神神社に挨拶をしてみるのもいいでしょう。

仏滅の日は午後に引っ越すのがベスト?

仏滅の場合は、午後から運気が良くなっていくという考えもあります。基本的に仏滅は一日を通して良いことがないとされているのですが、仏滅の翌日は大安です。

ですので、午後というのは大安に向けて運気も上昇していくと考えることもできます。

ただし、実際のところ六曜は、どのタイミングで運気が上下するのかというのはわかっていませんし、六曜の考え方もその次代によって違っています。ですので、どれが正しく、どれが間違っているのかという判断は難しいのです。

仏滅は午後になると運気が上昇していくというのも、いつ生まれた考えなのかも分かりませんし、本当なのかは誰にもわからないでしょう。

仏滅と引っ越しのまとめ

六曜というのは祝い事やお葬式などで意識する人が多いのですが、日時によって運などの良し悪しも変わってきます。

縁起が悪い仏滅に引っ越しをすることになったとしても、荷物を先に引越し先に持っていったり、引っ越しをする時間帯を意識するようにすれば、仏滅よりも縁起をよくすることが可能です。

それに現代とは違い、もともと仏滅というのは、古いものが失われ、新しいものの始まりという考えとなっていましたので、その考えの観点から見ると引っ越しにふさわしい日ともいえるのです。

仏滅に引っ越しをすることになったのであれば、ここで紹介したことを意識することで、幸先の良い生活を始めることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次